勝負はこれからと言わんばかりに

IT業界で、毎日残業をして会社に貢献している方もいるでしょう。
故に、時間の感覚というものを取り払うかのようにして、自分の任された業務を責任もって終わらせていこう、という姿勢を維持していくことが大事なのだと感じているからこそなのです。
そのため、残業をしてでも仕事に没頭する姿を見た周りの同僚が、自分もまた、残業に対してのモチベーションを高めていき、みんなが一丸となって一人当たりが残業で費やされる時間の短縮になるように協調意識が芽生えていくのです。

IT企業では、当然、管理職の座についている立場の方もおられて、故に、部下を統括していく責任感や組織を動かしていく重要な仕事を通して、自分の存在意義に箔を付けていこうという姿勢を大事にします。
そのため、深夜にわたってもなお仕事に邁進して、残業している状況下であっても仕事へのモチベーションを保ち続ける精神力を意識しているのでしょう。

故に、仕事への情熱の程度によっては、深夜になって生じる睡魔に対しても軽く受け流すかのようにして、ひいては頭が冴えている状態から覚めることのないようにしているのです。
そして、あたかも残業と共存していくかのようにして、仕事に費やす時間を有意義なものとして捉えていくプラス思考を携えていくべきだと思うのです。

また、残業を課す会社から、あたかもどれだけの労働時間なら耐えられるのかという試練を与えられているかのような感覚を覚える方がいても、不思議ではないと思います。故に、残業に対しても常に前向きな気持ちで仕事ができる人材を、会社が求めているということを汲み取る姿勢も重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です