休日について思うこと

日本のIT業界は膨大な仕事量の下で成り立っているというイメージがあり、そのため、休日を返上してでも業務に没頭する方も多いように感じます。
それだけ、自分に任された仕事の重要性をよく理解しているからであり、何が何でもこの日までにその仕事を終わらせてしまおうという気持ちの強さが必要になることも往々にしてあるのだろうと思うのです。

まさに、自分との闘いに打ち勝ってみせるという気迫が伝わってきそうなくらいに仕事に情熱を傾けているエンジニアによって、今日の情報化社会が成り立っているように感じます。
そして、自分の仕事にどれだけのプライドを持っているかによって、休日を返上して行う業務においても折れることのない精神を維持していくことにつながるのだと考えられるのです。

IT企業に勤めている方で、日頃から頑張っているご褒美として、自分に与えられた休日を有意義なひと時として過ごされる方もいることでしょう。
ひいては休み明けの仕事につなげるために、休日をインターバルの期間として受け止めている方がいることも考えられます。

故に、仕事によって羽ばたかせていった羽を休ませる貴重なひと時として認識していても不思議ではないと思うのです。
こうして考えると、人間の行動原理は、動物的な要求の下で成り立っているところもあるのだと感じられて、故に、生きとし生ける者の原点に立ち返った社会生活を考えさせられる次第なのです。まるで、人類が動物たちと仲良く共存して今日まで生き抜いていったかのように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です